AniLikeBlog(アニライクブログ)

スマホ、アニメ、音楽などをひとり楽しく書き続けるブログである。ご連絡はこちら→「anilike.blog@gmail.com」

iPhoneとIGZOディスプレイが合わさったら最強だと思うんだ。

どうも。私です(AniLikeです)

 

今回はふと思ったことをただ単に文字にするだけなので(しかもマニアック)興味のある方は見てください。

 

さて、スマートフォンの進化は凄まじいものでした。過去形である。

正直スマートフォンの進化はそろそろ終盤に来てると私は思っている。

 f:id:AniLike:20160903020707p:image

スマホが出た当時から2013年頃までは超進化時ARROWSさんとか富士通さんとかARROWSさんは不具合端末をよく世に出していたのがいい思い出です。

 

今はスマホの進化は終わり、どの端末もスペックは同じだし独自機能も少なくなり、どの端末を買ってもほとんど変わらないのが現状です。

 

しかし、スマホの次の未来。それはディスプレイだと私は思っています。

 

では、スマホすごく大事なところってどこですか?

メモリ?CPU?バッテリー?

たしかに大事です。しかしディスプレイがないと何も始まらない。

 

そのディスプレイですが、実は進化が乏しいんじゃないかなと思っています。

もちろん発売当初と比べたら発色も良くなったし、つぶつぶ(ppi)も細かくなって綺麗にはなりました。

f:id:AniLike:20160906014746p:image

しかし、画面のヌルヌル度は昔から進化がない。

 

未だに60Hz液晶。

つまり1秒間に60回画面を更新している。

どういうことかというと1秒間に60枚のパラパラ漫画をめくってるようなイメージでいい。

しかし最近は動きが激しい動作が多く(スマホだったらスクロールやゲームなど)60Hz液晶でも残像が見えるくらいです。

スマホは動きが激しい。スマホこそ120Hz液晶が必要だと私は思っています。

 

 

そこで私の理想をちょっと語りたいと思います。

 

まず、スマホの完成系のベースはiPhoneiPhoneタッチパネルの性能もよくスクロールは指がくっついてるかのように反応がいいです。さらにiOS。モバイル端末としては素晴らしいくらい軽いOSであり端末の性能をフル発揮できるOSです。

ここにプラスとしてSHARPの技術IGZO液晶を載せるべきだと思います。ハイスピードIGZOによりさらにヌルヌルしたiPhoneが実現できるってわけですね。

 

続いてタブレット。これも完成系はiPadがベース。

iPhoneと同じくタッチパネルやスクロールやiOSの性能もよく、付け足すとしたらApplePencil。あれも端末の性能をフル発揮する素晴らしいアイテムだと思います。さらにここにIGZO液晶を載せたら?

今でさえ素晴らしいタッチパネルの追従性なのに120Hz液晶によってもっともっと反応が良くなる。もう紙に書いてるのと同じくらいに。

 

私はこれがスマホタブレット完成系だと思っています。AppleSHARPの技術を買う事はないとは思いますがいつかディスプレイが120Hzになることを期待してiPhoneの発表会を待ちますw