読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AniLikeBlog(アニライクブログ)

スマホ、アニメ、音楽などをひとり楽しく書き続けるブログである。ご連絡はこちら→「anilike.blog@gmail.com」

【罠?】ドコモのスマホMONOの安い秘密とは?

どうもこんにちは。AniLikeです。

今回はドコモから新機種が発表された中、一番にニュースで話題になったスマホ、MONO(MO-01J)

f:id:AniLike:20161022023553j:image

こちらの安い仕組みとドコモの狙いを簡単に説明したいと思います。

 

まず、色々な記事でタイトルに『一括648円のスマホと表記しています。

たしかにこちらに嘘はありません。一括で648円なんです。

しかし、これには仕組みがある。

 

ドコモには端末購入サポートというものが存在する。今だとdtabCompact(d-02H)などがそうだが46,000円の端末に36,400円の端末購入サポートが入るため、実質は9600円の負担なのである。

f:id:AniLike:20161022021216p:image

さらに月々サポートという割引があるため二年間使えば0円で使えるというカラクリなのである。

簡単に9,600円を24ヵ月で割ると1ヶ月400円。月々サポートはそれ以上の割引なので基本料金から割引されるのだ。

昔はよく使われていた実質0円のカラクリによく似ている。

スマホ総務省に怒られて0円に出来ないけどタブレットはOKらしい。よくわからん。

 

さて、この端末購入サポート。条件があるのだ。下の画像を見てほしい。

f:id:AniLike:20161022022106p:image

...な?恐ろしいだろ?

 

さらに今回のMONO。タブとは違いスマホなのでこの端末自体4万位の本体代金はするだろう(スペック的に)

途中解約、もしくは機種変更した場合は39,000円以上の請求になるわけだ。

これって正直、今までの縛りと変わらないわけである。ほんと携帯キャリアってズル賢いよね。

さらにドコモの基本料金は安いとは言えません。一番安いカケホーダイプランspモードデータSパックでも5,500円。さらにケータイ補償にて+500円

結局最低でも6,000円にはなってしまうのだ。

 

もちろん今までと比べたら安いです。しかしこれは端末の値段で我々を誘惑する罠なのである。スマホを3,000円とかで持とうとしてるそこのあなた。

ちゃんと料金プランなどを把握してから機種変更しような!