AniLikeBlog(アニライクブログ)

スマホ、アニメ、音楽などをひとり楽しく書き続けるブログである。ご連絡はこちら→「anilike.blog@gmail.com」

調子に乗るなAmazon、痛い目みるぞ!

f:id:AniLike:20171213014350j:image

最近、調子乗りすぎじゃないですかね?Amazonさん。

どうもこんにちは。AniLikeです。

最近、ITニュースで話題になっているGoogleAmazonの不仲な関係はご存知ですか?

 

Amazon内でGoogleの製品を販売中止にしたり、GoogleChrome CastではAmazon Primeを非対応にしたりAmazonGoogleに対して冷たい態度を取っていました。それにキレたGoogle、FireTVなどのAmazon機器からYouTubeを見れなくする方針を進めた。

こんなAmazon今回が初めてでは無いのである。過去にも色々とやらかしている。それについて詳しく記事にしたいと思います。

 

販売者に対して冷たいAmazon

Amazonはとても便利なサービスである。色々な商品が揃っているし普通に買うよりも安かったり配達も速い。そんな我々購入者にとってはメリットしかないAmazonだが、販売者に対してはかなり冷たかったりする。

ブラックジャックによろしくという作品をご存知だろうか?

f:id:AniLike:20171213014934p:image

佐藤秀峰さんが作者の大人気漫画である。佐藤さんはこの作品を商用・非商用とも二次利用フリー化をした。

佐藤さんが運営するサイトやYahooブックスなどの電子書籍サイトでも無料で配信していた。

しかし佐藤さんはKindleでは自分で配信したいと考えており、ブラックジャックによろしく二次利用規約ではKindleストアでの取り扱いに関しては個別の許諾がないと一切できないと設定。

Kindle版は無料版と比べると高画質なデータをKindle限定で販売していた。

[ITmedia様の記事を抜粋]

「ブラよろ」Kindle版、「ブラックジャックによろちんこ」に改名 その理由は - ITmedia NEWS

これを驚くべきことにAmazonは勝手に無料にし、配信したのである。

普通はAmazonが無料で配信したとしても売れたら元値の何割か作者側に支払われるのが当たり前なのだがAmazonの主張としては他社で無料で配布してんだからAmazonでも無料で配信したとのこと。

もちろん作者も黙っていられるわけがありません。ブラックジャックによろしくの題名をブラックジャックによろちんこに改名。

そうしましたらAmazon側は販売を停止。

ブラックジャックによろちんこの名前を変えない限り販売しないと表記した。

無料で配信しておいてその対応はおかしいと思った出来事であった。

 

販売中止でAmazon製品独占状態

テレビに挿してYouTubeやHuluなどを楽しめるChromeCastやFireTVなどのサービスが流行り始めた。テレビの年代に関係なくHDMI端子があれば誰でも楽しめるのでかなり話題を集めた。

f:id:AniLike:20171213015229j:image

GoogleのChromeCastもその話題の中の一つである。自分の使っているスマートフォンからキャストすることによりテレビの大画面でストリーミングサービスを楽しむことが出来るシンプルな操作でかなり売れた。

しかしAmazonAmazon内でのChromeCastの販売を中止した。

Amazonの主張としてはAmazonプライムビデオを見れない端末は顧客の混乱を招くため販売を停止した」とのこと。ChromeCast以外にもAppleTVも販売停止になった。

顧客を馬鹿にしているのか。

あらかじめプライムビデオを見れる端末見れない端末くらい調べてから買うだろう。

詳しい記事はこちら。

Amazon、サイトでのApple TVとChromecastの販売を禁止 | TechCrunch Japan

 

Amazonの汚いやり方

GoogleAmazonAppleやLINEなど様々な企業が力を入れ始めたAIスピーカー。

今までのスピーカーと違い、音声で操作をする賢いスピーカーである。音楽を流すだけではなく天気や調べものもこなす。

f:id:AniLike:20171213015419j:image

例えばLINEのAIスピーカークローバーウェーブはAmazonだけではなく楽天市場などでも購入することが出来た。

しかし、Amazonがアマゾンエコーを発売して以降Amazonの商品一覧からクローバーウェーブの商品は削除された。Amazon側の主張としては「販売禁止商品に指定された」との回答があったが、禁止指定の理由については説明がなかった。

[一部産経ニュース様から引用]

アマゾン、競合LINEのAIスピーカー販売禁止に 理由示さず…独禁法違反の可能性(1/2ページ) - 産経ニュース 

そしてGoogleGoogle Homeを販売しているがAmazonのどこを探してもアマゾンエコーの商品しか見当たらない。

 

Googleもさすがにキレる

f:id:AniLike:20171213015640p:image

Googleがさすがにブチ切れ、米国時間の12月5日にAmazonのFireTVとEcho ShowからYouTubeを見れなくすると声明を出した。Googleがキレるとか珍しいぞ?

そしてFire TVにも2018年1月1日から見れなくなると表記されるようになった。

 

 

まとめ

結局、われわれユーザーを置いてきぼりでバトルが始まっちゃってますが、私個人的にAmazonの対応は大嫌いです。クソだと思っています。

GoogleAmazonの関係が良くなってくれれば我々としても嬉しい限りですがこれ以上悪化したら最悪…

 

Google検索でAmazonのサイトが見れない】

f:id:AniLike:20171213021044p:image

【GooglePlayStoreでAmazonアプリが消える】

f:id:AniLike:20171213021246p:image

Amazon端末からGoogleサービスを使えない】

f:id:AniLike:20171213021613p:image

 

などの最悪な自体になりかねない…。

 

Amazonよ。考え直して欲しい。最悪の事態になる前に…。

 

(12月2日現在発生中)iPhoneの電源が頻繁に落ちて再起動する現象について。

こんにちは。AniLikeです。

現在、iOS11にて12月2日になると電源が落ちる現象が多発しています。

【追記(2017年12月04日)】

iOS11.2のソフトウェアアップデートで改善されました。日付をずらし、アップデートを終わらせ日付を戻せば完璧です。

こちらの対処法のみ速報でお送りします。

f:id:AniLike:20171202133534j:image

❶日付の自動設定をオフにするf:id:AniLike:20171202135949p:image

【設定】▶︎【一般】▶︎【日付と時刻】▶︎【自動設定】のチェックを外す。

 

❷日付を12月02日より前に設定する

f:id:AniLike:20171202140347p:image

時間帯を12月02日より前に設定してください。

※この時点で既に電源が落ちなくなっていると思います。

 

❸アプリの通知をオフにする

左上の【<一般】▶︎左上の【<設定】▶︎【通知】の順番でタップする。

各アプリごとの【通知の許可】のチェックを外す。

※できれば全てのアプリの通知を切ったほうがいいのですが、以下のアプリが原因との報告があります。

インストールされている際はこちらのアプリの通知をオフにしてください。改善しない場合はすべての通知をオフにしましょう。

 

❹日付の自動設定をオンに戻す

【設定】▶︎【一般】▶︎【日付と時刻】▶︎【自動設定】をチェックする。

 

速報でした。分からないことがありましたら気軽にコメントしてください。

【注意】スマホ版どうぶつの森ポケットキャンプで自分の名前を変えることは出来ないのか?

できないみたいです。登録する際は気をつけて名前を決めてください。

f:id:AniLike:20171122134112j:image

歴代iPhoneを振り返ってみる。

どうもこんにちは。AniLikeです。

 

iPhoneXが10周年記念など周りが騒いでいるので、どうせなら過去のAppleのサイト見れねぇかなぁ?と思っていたら過去のWebページを遡って見ることが出来るサイトを見つけました。あるもんだね。

↓URLさえあれば過去のサイトが見れます。

Internet Archive: Wayback Machine 

 

どーせなんで、Wikipediaなどを参考にして初代iPhoneからiPhoneXまで振り返ってみたいと思います。

 

iPhone(初代)
f:id:AniLike:20171121053952j:image
2007年1月9日に発表され、6月29日にアメリカ合衆国で発売された。
日本は通信規格が合わず残念ながら発売されず...。
この時からタッチパネルの機種はあったが、同時に押せるのが1箇所のみだったのに対し、iPhoneはマルチタッチという技術で二本指でタッチできる技術を発表会で披露した。
今では当たり前の画面の拡大縮小もiPhoneが初である。
なお、この時はAppStoreなどは存在しない。

 

iPhone3G

f:id:AniLike:20171121054443j:image

2008年6月9日に発表され、7月11日に日本も含めた22地域で発売された。

この時はSoftBankのみの発売であり、SoftBankショップの前では長蛇の列を生んだ。

なお、この時3G回線(当時は高速)やGPSも搭載されるようになった。

 

iPhone3GS

f:id:AniLike:20171121055128j:image

2009年6月9日に発表され、6月19日に発売された。(なお、日本は26日)

iPhone3Gと比べて処理能力が約2倍になりバッテリー寿命も長くなった上にテザリング機能など様々な機能に対応した。

(詳細はWikipediaを見てください)

 

iPhone4

f:id:AniLike:20171121055428j:image

2010年6月7日に発表され、6月24日に発売された。

この時、画面がRetinaディスプレイに対応した。

iPhone3GS約4倍の解像度を誇る。

さらにFaceTimeビデオ通話のための前面カメラが搭載。

 なお、この時電波問題など色々あった...。

 

iPhone4S

f:id:AniLike:20171121055813j:image

2011年10月4日に発表され、10月14日に発売された。

この時からSiriに対応し、グラフィック性能はなんと7倍まで向上された。

さらに背面カメラが800万画素になりレンズもF2.4と当時としてはかなり明るいレンズで、動画撮影もフルHD1080pで撮影できるようになった。

iPhone4Sは一番Appleファンに愛された機種ではないだろうか。

ちなみに、4Sからauでも取り扱うようになった。

 

iPhone5

f:id:AniLike:20171121055830j:image

2012年9月12日に発売され、9月21日に発売された。

画面サイズは今までの3.5インチから4インチに変更された。

(画面のアスペクト比が3:4から9:16になった)

さらにドックコネクタが廃止になりLightningコネクタになり裏表関係なく刺せ、端子もコンパクトになった。

さらに当時次世代通信だったLTE(4G)通信も対応した。

ただ、このLTE通信でauはいろいろやらかしている...。

 

iPhone5s

f:id:AniLike:20171121060543j:image

2013年9月10日に発売され、9月20日に発売された。

ホームボタンが変更になり初めて指紋認証に対応した。さらにスマートフォンとしては初めて64ビットに対応した。

カメラも進化し、連写(バースト)スローモーション撮影にも対応した。

iPhone5sも4S同様愛されており、未だに使っている人も多い。

なお、iPhone5s/5cからdocomoでも取り扱いするようになり、3社の戦いが本格的に始まる。

docomoはXiのロゴを入れたかったなどの噂がある。だっせぇんだよあれ。

 

iPhone5c

f:id:AniLike:20171121060829j:image

iPhone5s同様、2013年9月10日に発売され、9月20日に発売された。

廉価版である5cは背面にカラフルなポリカーボネートを使っている。(プラスチック)

スペックはiPhone5と同様。

カメラのF値だけ違う。

なお、廉価版とはいえ、日本では分割にするとほとんど5sと変わりがなかったり、ケースが少ないなどであまり売れなかった。

なお、あのロシアでは5sより5cの方が売れたらしい。

 

iPhone6/6Plus

f:id:AniLike:20171121061249j:image

2014年9月9日に発表され、9月19日に発売された。

Androidが画面巨大化している中でiPhoneは未だに4インチサイズだったこともあり、iPhoneユーザーからもAndroidからiPhoneに変えたいと思っているユーザーからも要望が多かった。

iPhone6は4.7インチiPhone6Plusは5.5インチのサイズでiPhone史上初めての大型化である。

VoLTE対応で相手も対応機種であれば高音質で通話も可能になった。

さらにWi-Fiの11acに対応し、高速通信も可能になった。

NFC決済でApplePayも対応したが、日本はFeliCaという違う規格のため日本は非対応だった。

 

iPhone6s/6sPlus

f:id:AniLike:20171121061457j:image

2015年9月9日に発表され、9月25日に発売された。

iPhone6で曲がりやすいと酷評を受け、アルミをさらに硬い7000番台を使い、強度が増した。

しかし、一部ユーザーから錆びる、剥げるなどの症状があったがAppleは特に無料交換などはしなかった。

さらに3Dtouchに対応し、強く押し込むとプレビューを出すなど新たな動作ができるようになった。

さらにカメラは背面カメラが1200万画素に向上した。4K30fpsの撮影も可能になった。

 

iPhoneSE

f:id:AniLike:20171121061907j:image

 2016年3月31日に発表され、3月24日に発売された。

 でかいのが出ると今度は小さいのがいいと消費者はワガママで、Appleがそれに対応し4インチのスマホをまた出したと思われる。

デザインは5sとほぼ一緒で、スペックはiPhone6sと一緒である。

しかし3Dtouchには対応していない。

 

iPhone7/7Plus

f:id:AniLike:20171121062212j:image

2016年9月7日に発表され、9月25日に発売された。

デザインは6sとほぼ変わらないが、スペースグレーが廃止され、ジェットブラックとマッドブラックが追加された。

しかし、ジェットブラックは汚れやすく傷つきやすいなどの理由からAppleはケースの装着を推奨している。Appleらしくない。

さらに耐水になったためある程度の水であれば問題なく使用できる。

さらにスピーカーはモノラルスピーカーからステレオスピーカーに変更。しかし、イヤホンジャックがなくなりLightningの端子から音楽を聴く形になった。

日本では充電しながら音楽聴けないじゃん!など話題になった。

さらに日本のiPhoneのみFeliCaチップを搭載し、Suicaなどのおサイフケータイが日本でも使えるようになった。

iPhone7の発表会はマリオランが発表されたりFeliCaが対応したりだいぶ日本リスペクトな発表会であった。

 

iPhone8/8Plus

f:id:AniLike:20171121062913j:image

2017年9月12日に発表され、9月22日に発売された。

背面がiPhone4Sを思い出させるようなガラスになりワイヤレス充電(Qi)が対応した。

ディスプレイもTrue Toneディスプレイに対応した。周りの明るさに対してちょうど良い色味に変える機能である。目が疲れにくい。

さらにステレオスピーカーが強化されより低音が強く出るようになった。

さらに4K60fps撮影1080p240fpsのスローモーション撮影にも対応した。

 

iPhoneX
f:id:AniLike:20171121063727j:image
 2017年9月12日に発表され、11月3日に発売された。
iPhone登場してが10年を記念したモデルで最大の特徴としては、ホームボタンがなくなった。それにより画面全体がディスプレイになった。
ディスプレイは5.8インチ、解像度2436×1125ピクセル、縦横比約19.5:9、ピクセル密度458ppi。
iPhoneでは初めて有機ELディスプレイを採用した。
さらに指紋認証が廃止され、FaceIDが初めて採用された。
また、キャラクターを自分の表情とリアルタイムに反映させるAnimojiに対応した。
カメラ性能を除き基本性能はiPhone8と同じである。

 

と、このようにiPhoneは初代からかなり進化してきました。どうでしたか?

ではまた次の記事で!

 

そんなに難しくない!iPhoneXの基本操作

AniLikeブログへようこそ。

iPhoneXは今までのiPhoneと違い、基本操作が違います。

今回はそれをわかりやすく10個にまとめてみたいと思います。

 

iPhoneXのボタンはたったの3つ!

f:id:AniLike:20171102012725j:image

電源ボタンと音量ボタンしかありません。

ホームボタンは消えました。

では今まで使っていたSiriやスクショはどうやって使うのでしょうか?

 

❶電源の入れかた、画面の付け方
f:id:AniLike:20171102013111j:image
この操作は今までと一緒です。電源ボタンを長押しすると起動ができ、
スリープ中は電源ボタンを押すと画面が付きます。画面をタップしても電源をつけることができます。

 

❷電源の切り方

f:id:AniLike:20171102013329j:image

電源ボタン音量(小)ボタンを長押しです。今までとは違う操作です。

 

スクリーンショットの撮り方

f:id:AniLike:20171102013454j:image

電源ボタン音量(大)ボタンを同時押しです。今までと違う操作です。

 

❹Siri起動の仕方

f:id:AniLike:20171102013625j:image

電源ボタン長押し、もしくはHey Siriの設定をしていれば「Hey Siri」と言えば起動します。 

 

❺強制電源オフの仕方

f:id:AniLike:20171102013913j:image

音量(大)ボタンを押してすぐ離し、音量(小)ボタンを押してすぐ離し、電源ボタン10秒ほど長押しします。今までと違う操作です。

 

❻ホーム画面の行き方

f:id:AniLike:20171102020009j:image

画面の下の線にタッチし上にフリックするとホーム画面になります。

 

マルチタスクの開き方

f:id:AniLike:20171102020156j:image

画面の下の線にタッチし上にスライドし、中心あたりで指を止めて離すマルチタスク画面になります。

説明が難しいです。

 

❽アプリ間の切り替え

f:id:AniLike:20171102020752j:image

画面の下の線にタッチし、左右にフリックすると一つ前のアプリに戻ったり、先ほど開いたアプリに戻ったりなどの動作ができます。

 

❾コントロールセンターの開き方

f:id:AniLike:20171102021359j:image

画面の右上から下にスライドすると開けます。

 

➓通知センターの開き方

f:id:AniLike:20171102022818j:image

画面の左上から下にスライドすると開けます。

 

ちなみに❻から➓までの動作はエンガジェットさんが動画をYouTubeにアップロードしています。

1:50あたりをご覧ください。

 

このように基本操作が変わります。

特に強制電源オフなどの操作は本体がフリーズした時に必要となります。

この記事をぜひブックマークしていつでも確認できるようしましょう!

 

AQUOS R compactのデザインがダサすぎる。

どうもこんにちは、AniLikeです。

 

SHARPは10月13日、新商品を発表しました。

それがAQUOS Rの小さいモデルAQUOS R compact

f:id:AniLike:20171015003105j:image

それが発表され、画像を見た私は正直ガッカリしました。

まず、ガッカリした点を3つまとめてみたいと思います。

 

ガッカリ点その1

「カメラの位置」

 

なんすかあれ。カメラが上にあるのは別にいいと思います。しかし、画面を無理やり削ってカメラをそこに置くのがとても気に入りません。

f:id:AniLike:20171015004522j:image

AQUOS R compactのカメラのデザイン】

私がスマホをデザインするならこのようにしますね。

さらにこれはアプリとかにも影響が出てきそうですね...※1

まぁ、GALAXY S8っぽくなりますがこれが理想だと思います。

f:id:AniLike:20171015004705j:image

【私が美しいと思うカメラの配置場所】

カメラとかは画面外に置いてほしい。

 

iPhoneXもそうなんですけど、画面を無理に削ってそこにカメラやスピーカー、センサーなどの部品を付けるようなデザイン、嫌いです。

 

ガッカリ点その2

「カメラの穴の周りのベゼル幅」

 

f:id:AniLike:20171015005246j:image

液晶の都合上無理だったのでしょうか?100歩譲ってそこにカメラを置くとしてもこの黒い帯はダサすぎるでしょ。

もうちょっとカメラの穴の幅を狭めて欲しかった。

 

ガッカリ点その3

「下のベゼル幅」

私がスマートフォンでいちばん嫌いなデザインが、上下のベゼル幅が非対称なスマートフォンなんです。

f:id:AniLike:20171015010001j:image

SHARPはベゼルレスを売りに以前もスマホを出してましたが私はあまりあのデザイン好きじゃありませんでした。

f:id:AniLike:20171015013931j:image

↑こういうの

 

そして今回もこれですよ。なぜ下もベゼルを削らなかった...。指紋認証だって別のところに置けただろうに。

 

…とまぁ、こんな感じです。SHARPスマートフォンに対する考え方に共感できるからこそここまでディスっちゃうんです。

SHARPはデザインでずっこけてる気がします。

以前もブログにしましたが、120Hz液晶で省エネなIGZOディスプレイは優秀だと思います。

時代はもう120Hzだと私は思っています。

なので、私なりに全面のデザインを考えてみましたのでご覧ください。

f:id:AniLike:20171015011428j:image

技術的に可能かは知りませんが、近接センサーと光感知センサーを同じ●の中に入れたい。

指紋認証はぶっちゃけ全面じゃなくてもいいと思うが、AQUOS Rが全面に指紋認証だし、GALAXYなどのベゼルレススマホと区別がつくように前にすべきかと思い、前におきました。

 

今、ベゼルレススマホがメーカーの中でも話題になり競争も激しくなってきています。だからこそスマホをデザインしている人も一度冷静になって欲しいと思う。

今回の新商品はベゼルレスが話題になってるからとりあえずベゼルレスでスマホを出そう的な適当さを感じます。

 

ただ、今後の改善したSHARPAQUOSを楽しみにこのブログを締めたいとおもいます。

 

※1 こういう特殊なデザインのスマホを作るとアプリ開発者側が困るとおもいます。

わかりやすい例が下の記事になります。これはiPhoneXですが同じような問題に多分この端末もぶち当たるんじゃないかなと思っています。

【朗報】iPhone Xのノッチ部分でアプリ表示が途切れることはなさそう - iPhone Mania

f:id:AniLike:20171015013123j:image

 

私がiPhoneでPlusを使い続ける理由。

どうもこんにちは。最近更新頻度の低いAniLikeです。

題名のとおり、なぜ私がPlusを使い続ける理由について記事にしたいと思います。

f:id:AniLike:20170922015602j:image

 

私はスマホデビューはiPhone5でした。ぶっちゃけ今でもあのデザインは一番高級感あったしカッコよかったと思っています。

ですが本体容量が16GBなのとちょうど2年が経ったので機種を変えようと決心しました。

その時はちょうどデレステにハマっており、デカイ端末にしようとiPhone6sPlusにしました。

デレステのおかげでデカイ端末が良かったことがよく分かりました。

その理由をいくつかにまとめました。iPhone8/8Plus/Xを購入する参考になれば嬉しいです!

 

Plusのメリット

 

音ゲーやりやすい

f:id:AniLike:20170922014219p:image

かわいい。←デレステに今ハマってます。

いきなりですが、ゲームです。やはり4インチのスマホでプレイするよりデカイ端末でプレイした方が圧倒的に操作がしやすいことがよく分かりました。

特に音ゲー音楽ゲームは指の動きが激しく4インチだと両手がゴッチンコすることがあってやりにくかったです。(スクフェスは除く)

当時はデレステのサービスが始まったばかり。もともと本家アイマスからアイドルマスターにハマりデレマスにもハマった私からしたら最高のゲームがリリースされたと思いましたねw

スクフェスと違い、デレステは小さい画面だとやりにくいのです。

 

※ちなみに、なぜスクフェスは除くかと言いますと、スクフェスは4インチの画面に最適化されているゲームだからです。スクフェスはむしろでかいとやりにくい。昔からあるゲームだからこそ今大画面が主流になっている時代に飲み込まれたのかも...。デレステがリリースされてからユーザーがごっそり持ってかれましたからね...(私もその1人)

2018年にリリース予定の新しいゲームに期待です。

 

❷文字が変なところで改行されない

小さい画面のデメリット、一文が短い。例えば

 

「こんにちは。今日はとてもいい天気ですね」

 

この一文、同じiPhoneでも画面が小さいiPhone5だとこう表示されてしまうのです。

 

「こんにちは。今日はとてもい

い天気ですね」

 

画面が小さい端末の宿命です。さらに、昔はiPhoneも4インチしかなかったためそれに対応していましたが世の中はもう大きい画面のスマホが当たり前になってきました。昔とは違いさらに4インチのiPhoneは見放されっていったのです。

 

❸FullHDだから

これ、かなり大きい、重要です。

世の中のほとんどのコンテンツがFullHDです。でも、iPhone7や8の画面解像度知っていますか?

1,334 x 750です。めっちゃ中途半端。

アプリ開発者も涙目ですよ。現にデレステだって3Dリッチで高画質を選べるのはPlusシリーズのみですから。

アニメを見るのも、YouTubeを見るのも最近はFullHDが主流。それを無理に1,334 x 750に圧縮した動画を視聴をしたくないんですよ。

ぶっちゃけ一般人にとってはクッソどうでもいい話かもしれませんが私にとっては重要です。

 

ppiの数値が物語っている綺麗さ

画面を虫眼鏡で見ると分かりますが、画面はの四角が集まって光の三原色で映像を写しています。その密度がppiと言います。

iPhone8は326ppi

iPhone8Plusは401ppi

そしてiPhoneXは驚きの458ppiです。めちゃくちゃ綺麗です。

400ppiを超えると個人的には綺麗に見えます。

しかし400ppiを下回るとなんとなく画面がギザついていると感じます。

 

この四つが私がPlusを使い続ける理由です。

正直、4.7インチの画面サイズは全てをこなすのにも最高のサイズなのは知っています。ですが、画面の解像度を改善しない限り私がPlusから離れることはないでしょう。

今回は少し難しい話をして分かりにくかったかもしれません。すみません…。

 

私は買いませんが親がiPhoneXを買うらしいのでiPhoneXのレビューもこのブログで紹介できたらいいなぁと思っています、お楽しみに。