AniLikeBlog(アニライクブログ)

スマホ、アニメ、音楽などをひとり楽しく書き続けるブログである。ご連絡はこちら→「anilike.blog@gmail.com」

デレステが上手くなる方法をわかりやすく紹介。

f:id:AniLike:20180127005959p:image

どうもこんにちは。AniLikeです。

※今回はいつも投稿しているIT系の記事とは全くかけ離れている【スマホゲーム】の記事です。

さて、あなたはリズムゲーム通称音ゲーは好きですか?

リズムゲーム苦手…。音ゲー苦手…などの方、安心してください。私も最初は音ゲー苦手でしたし、プレイしている人のを見て「気持ちわりぃ…」と失礼なことを思っていましたから。

今回はスコアやアイドルなどのことではなく、単純に音ゲーが楽しく、上手くなるコツを伝授したいと思います!

なお、私は頑張ってLv29のMaster+情熱ファンファーレがフルコンしました。うれしい。

 

デレステが上手くなるコツ①

・ノーツ(譜面)を見ない

これ、結構初心者はやりがちです。ノーツ(譜面とは以下の画像のことです)

f:id:AniLike:20180126232617j:image

なぜノーツを見てはいけないのか。

ノーツを見ると次に流れてくるノーツが追えませんし、脳も目を動かすのと指を動かすので大変です。なにより、プレイしているあなたが疲れます。疲れるし上手くいかないゲームなんて楽しくありません。

コツとしてはノーツを見ずに、ノーツの流れを見ると言った感じでしょうか。軌道を見る的な?

例えばあなたが自転車や車を運転する時、信号だけをガン見しないですよね?そんなことしたら他が見えずにどっかに衝突しちゃいますしね。信号は見るけど全体を見てますよね?そんな感じです。説明むずかしいw

まぁ、個人差はあると思いますが私は全体的に譜面を見てます。

いろんな記事でよく一点を見なさいってあるけど、あれは逆にプレイしにくいです。

f:id:AniLike:20180126235109p:image

 最初はすごいプレイしずらいと思いますが慣れれば超快適にプレイできます、てか慣れると自然にノーツをみなくなります。意識付けは大事です。

 

デレステが上手くなるコツ②

・ノーツのデザインを変えてみよう

初期のノーツは曲のタイプ(キュートパッションクール)によって色分けされています。

ぶっちゃけ見にくいです。これはメニューのLIVE設定から変更できます。私はTYPE4にしています。これ超おすすめ!!

f:id:AniLike:20180126235751p:image

 

デレステが上手くなるコツ③

・速度を変えてみよう

ノーツの流れて行く速度を変更するだけでもだいぶ快適にプレイできるようになります。

設定方法は適当に曲を選んでゲストを選んで上にあるLIVE設定からリズムアイコン(ノーツ)の速度を変更できます。

これも人によって違います、私は9.7ですが慣れるまでは8から8.5あたりがオススメです。

f:id:AniLike:20180127000434p:image

 

デレステが上手くなるコツ④

・設定を変えてみる

初期の設定だとプレイしにくいです(断言)

例えばデレステ音ゲーをしている後ろでアイドルたちが輝かしく踊っていますよね。でも音ゲーをプレイいている時は失礼ですが邪魔です。プレイ中は見ている暇もありませんしね。

f:id:AniLike:20180127000958p:image

MVでいつでも見れますしプレイ中は消してしまいましょう。これはLIVEをタップして画面の右上にあるモードをタップして設定できます。

オススメは2D軽量モードです。これにしておけばプレイしやすいですしスペックの低い端末でも快適にプレイできます。

f:id:AniLike:20180127001420p:image

さらにプレイ中のコンボ表示なども見直して見ましょう。メニューのLIVE設定の演出から変更できます。

例えばカットイン、画面の上に出てきて邪魔なのでOFF。COMBO表示、小さくしときましょう。ディマー、暗い方がより集中してプレイできます。暗めに設定しましょう。

設定を変えるだけでもだいぶプレイしやすくなります。

 f:id:AniLike:20180127001552p:image

 

デレステが上手くなるコツ⑤

回復キャラをアイドル編成の中に入れる

デレステにはプレイ中、体力があります。BADMISSをすると体力が減ります。

f:id:AniLike:20180127004053p:image

せっかくプレイしてて体力が0になったらやる気もごっそり無くなります。私だってそうです。

f:id:AniLike:20180127002041p:image

初心者の方、絶対アイドル編成の中に回復入れてください。せっかくの神ゲーなのに引退されたら熟練プロデューサーも悲しみます。

f:id:AniLike:20180127002330p:image

 

デレステが上手くなるコツ⑥

フリックの仕方

デレステにはPROMASTERMASTER+にはフリックノーツが存在します。

f:id:AniLike:20180127003702p:image

このフリックノーツ、見た目騙しです。判定は激甘なので大げさにフリックしましょう。

f:id:AniLike:20180127003650p:image

例えば上の画像、通称ギザギザフリックですがこれも初心者の方だとこのようにフリックします。

f:id:AniLike:20180127003552j:image

これだとフリック抜けと言って上手く反応してくれません。このようなギザギザフリックなどはこのように対処しましょう。

f:id:AniLike:20180127003612j:image

これだけでだいぶ快適にプレイできます。これは今後MASTER+という激ムズ譜面で大活躍します。

 

デレステが上手くなるコツ⑦

上手い人の動画を観よう

これは初心者だけではなく上手い人も同じです。フルコンした人の動画を観て「あ、こんなリズムで打つんだ、あ、こういうやり方なんだ」と学びます。

特にMASTER譜面は頑張れば誰でもフルコンできるためフルコン動画は結構YouTubeに上がってます。

曲名&フルコンで検索すれば簡単に見つかります。

ちなみにMASTER+のフルコン動画を見ると結構楽しいですよ。この人のフルコン動画好き。

f:id:AniLike:20180127004007p:image

 

デレステが上手くなるコツ⑧

プレイスタイル、プレイ環境を考えてみる

まずタブレットでプレイするか?スマホでプレイするか?で分かれます。

f:id:AniLike:20180127005035p:image

私はスマホでプレイするいわゆる親指勢と呼ばれる人種です。なお、フルコンしている人をゴリラとも呼ばれています。なんだこれ。

f:id:AniLike:20180127004838j:image

あなたのやりやすい端末でプレイするのも大事です。

さらに機種も重要です。古い端末、特にAndroidだとタッチしても遅れて反応することが結構多いです。

端末まで変えろとは言いませんがこの機会にiPhoneとかいかがですk…失礼。

音ゲーをするならiPhoneがオススメです。iPhoneはOSの仕様などから音ゲーにはかなり向いていると個人的に思います。中古のiPhoneでも結構快適にプレイできます。

 

以上です。ここまでお付き合いありがとうございました。

ただ、これだけ説明しましたが一つ、かなり重要なことがあります。

「楽しいと思ったら勝ち」

音ゲーは最高です。小学生も最高ですが。

f:id:AniLike:20180127004959j:image

プレイして、音楽が良くてハマって、フルコンしてハマって音ゲーに没頭されていきます。

プレイしてもプレイしても楽しくなければやめましょう。楽しくないゲームをプレイしてても時間の無駄ですし。

ただ一回の楽しくないで引退はして欲しくないです。楽しくないを体験してそれを乗り越えた先は楽しいが絶対待っているはずです。

だから無理して難しい譜面をプレイするだけではなく自分に合った難易度でプレイして徐々に難易度を上げていくのが上達するコツです。

 

私がこの記事を作ったのもたくさんの人にデレステの魅力を知ってほしいと思い作りました。

絶対に楽しいゲームです。タップするだけのゲームとは違う楽しさがあります。

f:id:AniLike:20180127023121p:image

 

最後まで見てくださりありがとうございました。

SONYのBluetoothスピーカーSRS-XB40がやばい。

どうもこんにちは。AniLikeです。
タイトルの通りやべぇんですよ。低音が。
と、いうことで今回はSRS-XB40を購入してから半年近くが経つのでその感想です。
まず、このスピーカーがどういうものか。簡単に表すと
・でかい
・パリピイルミネーション
・超重低音
です。本体サイズは思ったより大きいです。2リットルのペットボトルの一回り小さいくらい?
そしてパリピイルミネーション。このスピーカー、光るんです。光るだけではなく音に合わせて光る。
パリピの意味は年齢によって違うようですが、この記事では「パーティー、クラブで騒ぐ人」と考えていただければ結構です。
なので、パーティー、クラブで騒ぐ所にありそうなあのピカピカ光るイルミネーション(ライト)と考えていただければ…。


そして超重低音。これは文字の通りでズンズンと思い低音をかましてくれます。
ではこの三点を詳しく解説とその感想を詳しく記事にしたいと思います。どうぞ。

 

本体サイズ

f:id:AniLike:20180205105507j:image

まず大きさです。公式サイトによると

最大外形寸法(幅×高さ×奥行)

約279mm×100mm×105mm

とのこと。まあでかいです。横幅はiPhone8を横にして二個並べたくらい?

最初に予想していたサイズの3倍くらい大きかったっすねー。購入される方はある程度サイズと重さは覚悟して買ったほうがいいと思います。

 

イルミネーション

f:id:AniLike:20180205105527j:image

ソニーの新しいスピーカー(SRS-XB20,30,40,60)は本体にイルミネーション(LEDライト)が搭載されています。

そして40,60シリーズはストロボフラッシュ(白色LED)が搭載されています。

そしてこのイルミネーションが音楽に合わせてチカチカします。これはスマホアプリで色やチカチカの度合いなども変更できます。

ソニーっていつも見るところがすごい独特っていうか若々しいですよね。私はそういうところ好きですよ。

 

超重低音

f:id:AniLike:20180205105728j:image

タイトルのやべぇの意味がこの重低音です。ドンドン?いや、ズンズンです。

私はマンションに住んでいますが(実家暮らし)こんなので音楽を聴いていたら近所迷惑だし、何より隣の部屋にいる父親に迷惑です(一回怒られている)

低音(BASS)はスマホアプリである程度調節でき、一番低い低音にしても強いです。

そしてEXTRABASS機能をオンにしたらもう大変。ドゥンッドゥンッツみたいな低音が部屋中どころか一階や上の階にいる方にも聞こえるくらいです。

 

まとめ

ソニーの公式サイトで表記されている「お風呂やキッチン、キャンプやバーベキューのアウトドアシーンなどでも楽しめる防水性能」。そしてその下の画像をご覧ください。

f:id:AniLike:20171222234605j:image

うん!!!そう!!!大勢の場所で使っているんですね!!!

アホか。ぼっちはどうしてくれるんじゃ。

そう。みんなでパーティーをするときに使ってねってソニーは言いたいんでしょう。一人で音楽を楽しみたい人にはSRS-XB20がおススメです。私はとあることがありこの20シリーズ持ってます。

※とあることはまた別の記事で書きたいと思います。

 

流石に大きさもそうですが低音が強すぎるので私はある場所で使っています。なんだと思いますか?

 

正解!自動車です!

 

私の自動車、FMラジオしかついていない車のため音楽はトランスミッターを使うしかないのです。でもFMトランスミッター音質面雑音などがあるためどうしようかと思っていたところこのスピーカーを車に積もうと考えついたわけです。

ワゴンRを運転しているのですが、ここにピッタリはまるんですよw

 

車に乗せて5ヶ月近くたちますが感想としては「最高」の一言です。

この重低音、車の中であれば他人に迷惑をかけないし音もかなり大きくでるため最高です。

イルミネーションは使ってないが

 

なのでこの商品をオススメできる人は

・友達がいっぱいいる

・友達が非常に多い

・友達がとてつもなく多い

・戸建

・パーティーが大好き

・みんなとよく集まる

などの方に合っている商品だと思います。

 

一応Amazonリンク下に貼り付けておきますので気になった方はどうぞご覧ください。

f:id:AniLike:20171223003500j:image

 

調子に乗るなAmazon、痛い目みるぞ!

f:id:AniLike:20171213014350j:image

最近、調子乗りすぎじゃないですかね?Amazonさん。

どうもこんにちは。AniLikeです。

最近、ITニュースで話題になっているGoogleAmazonの不仲な関係はご存知ですか?

 

Amazon内でGoogleの製品を販売中止にしたり、GoogleChrome CastではAmazon Primeを非対応にしたりAmazonGoogleに対して冷たい態度を取っていました。それにキレたGoogle、FireTVなどのAmazon機器からYouTubeを見れなくする方針を進めた。

こんなAmazon今回が初めてでは無いのである。過去にも色々とやらかしている。それについて詳しく記事にしたいと思います。

 

販売者に対して冷たいAmazon

Amazonはとても便利なサービスである。色々な商品が揃っているし普通に買うよりも安かったり配達も速い。そんな我々購入者にとってはメリットしかないAmazonだが、販売者に対してはかなり冷たかったりする。

ブラックジャックによろしくという作品をご存知だろうか?

f:id:AniLike:20171213014934p:image

佐藤秀峰さんが作者の大人気漫画である。佐藤さんはこの作品を商用・非商用とも二次利用フリー化をした。

佐藤さんが運営するサイトやYahooブックスなどの電子書籍サイトでも無料で配信していた。

しかし佐藤さんはKindleでは自分で配信したいと考えており、ブラックジャックによろしく二次利用規約ではKindleストアでの取り扱いに関しては個別の許諾がないと一切できないと設定。

Kindle版は無料版と比べると高画質なデータをKindle限定で販売していた。

[ITmedia様の記事を抜粋]

「ブラよろ」Kindle版、「ブラックジャックによろちんこ」に改名 その理由は - ITmedia NEWS

これを驚くべきことにAmazonは勝手に無料にし、配信したのである。

普通はAmazonが無料で配信したとしても売れたら元値の何割か作者側に支払われるのが当たり前なのだがAmazonの主張としては他社で無料で配布してんだからAmazonでも無料で配信したとのこと。

もちろん作者も黙っていられるわけがありません。ブラックジャックによろしくの題名をブラックジャックによろちんこに改名。

そうしましたらAmazon側は販売を停止。

ブラックジャックによろちんこの名前を変えない限り販売しないと表記した。

無料で配信しておいてその対応はおかしいと思った出来事であった。

 

販売中止でAmazon製品独占状態

テレビに挿してYouTubeやHuluなどを楽しめるChromeCastやFireTVなどのサービスが流行り始めた。テレビの年代に関係なくHDMI端子があれば誰でも楽しめるのでかなり話題を集めた。

f:id:AniLike:20171213015229j:image

GoogleのChromeCastもその話題の中の一つである。自分の使っているスマートフォンからキャストすることによりテレビの大画面でストリーミングサービスを楽しむことが出来るシンプルな操作でかなり売れた。

しかしAmazonAmazon内でのChromeCastの販売を中止した。

Amazonの主張としてはAmazonプライムビデオを見れない端末は顧客の混乱を招くため販売を停止した」とのこと。ChromeCast以外にもAppleTVも販売停止になった。

顧客を馬鹿にしているのか。

あらかじめプライムビデオを見れる端末見れない端末くらい調べてから買うだろう。

詳しい記事はこちら。

Amazon、サイトでのApple TVとChromecastの販売を禁止 | TechCrunch Japan

 

Amazonの汚いやり方

GoogleAmazonAppleやLINEなど様々な企業が力を入れ始めたAIスピーカー。

今までのスピーカーと違い、音声で操作をする賢いスピーカーである。音楽を流すだけではなく天気や調べものもこなす。

f:id:AniLike:20171213015419j:image

例えばLINEのAIスピーカークローバーウェーブはAmazonだけではなく楽天市場などでも購入することが出来た。

しかし、Amazonがアマゾンエコーを発売して以降Amazonの商品一覧からクローバーウェーブの商品は削除された。Amazon側の主張としては「販売禁止商品に指定された」との回答があったが、禁止指定の理由については説明がなかった。

[一部産経ニュース様から引用]

アマゾン、競合LINEのAIスピーカー販売禁止に 理由示さず…独禁法違反の可能性(1/2ページ) - 産経ニュース 

そしてGoogleGoogle Homeを販売しているがAmazonのどこを探してもアマゾンエコーの商品しか見当たらない。

 

Googleもさすがにキレる

f:id:AniLike:20171213015640p:image

Googleがさすがにブチ切れ、米国時間の12月5日にAmazonのFireTVとEcho ShowからYouTubeを見れなくすると声明を出した。Googleがキレるとか珍しいぞ?

そしてFire TVにも2018年1月1日から見れなくなると表記されるようになった。

 

 

まとめ

結局、われわれユーザーを置いてきぼりでバトルが始まっちゃってますが、私個人的にAmazonの対応は大嫌いです。クソだと思っています。

GoogleAmazonの関係が良くなってくれれば我々としても嬉しい限りですがこれ以上悪化したら最悪…

 

Google検索でAmazonのサイトが見れない】

f:id:AniLike:20171213021044p:image

【GooglePlayStoreでAmazonアプリが消える】

f:id:AniLike:20171213021246p:image

Amazon端末からGoogleサービスを使えない】

f:id:AniLike:20171213021613p:image

 

などの最悪な自体になりかねない…。

 

Amazonよ。考え直して欲しい。最悪の事態になる前に…。

 

(12月2日現在発生中)iPhoneの電源が頻繁に落ちて再起動する現象について。

こんにちは。AniLikeです。

現在、iOS11にて12月2日になると電源が落ちる現象が多発しています。

【追記(2017年12月04日)】

iOS11.2のソフトウェアアップデートで改善されました。日付をずらし、アップデートを終わらせ日付を戻せば完璧です。

こちらの対処法のみ速報でお送りします。

f:id:AniLike:20171202133534j:image

❶日付の自動設定をオフにするf:id:AniLike:20171202135949p:image

【設定】▶︎【一般】▶︎【日付と時刻】▶︎【自動設定】のチェックを外す。

 

❷日付を12月02日より前に設定する

f:id:AniLike:20171202140347p:image

時間帯を12月02日より前に設定してください。

※この時点で既に電源が落ちなくなっていると思います。

 

❸アプリの通知をオフにする

左上の【<一般】▶︎左上の【<設定】▶︎【通知】の順番でタップする。

各アプリごとの【通知の許可】のチェックを外す。

※できれば全てのアプリの通知を切ったほうがいいのですが、以下のアプリが原因との報告があります。

インストールされている際はこちらのアプリの通知をオフにしてください。改善しない場合はすべての通知をオフにしましょう。

 

❹日付の自動設定をオンに戻す

【設定】▶︎【一般】▶︎【日付と時刻】▶︎【自動設定】をチェックする。

 

速報でした。分からないことがありましたら気軽にコメントしてください。

【注意】スマホ版どうぶつの森ポケットキャンプで自分の名前を変えることは出来ないのか?

できないみたいです。登録する際は気をつけて名前を決めてください。

f:id:AniLike:20171122134112j:image

歴代iPhoneを振り返ってみる。

どうもこんにちは。AniLikeです。

 

iPhoneXが10周年記念など周りが騒いでいるので、どうせなら過去のAppleのサイト見れねぇかなぁ?と思っていたら過去のWebページを遡って見ることが出来るサイトを見つけました。あるもんだね。

↓URLさえあれば過去のサイトが見れます。

Internet Archive: Wayback Machine 

 

どーせなんで、Wikipediaなどを参考にして初代iPhoneからiPhoneXまで振り返ってみたいと思います。

 

iPhone(初代)
f:id:AniLike:20171121053952j:image
2007年1月9日に発表され、6月29日にアメリカ合衆国で発売された。
日本は通信規格が合わず残念ながら発売されず...。
この時からタッチパネルの機種はあったが、同時に押せるのが1箇所のみだったのに対し、iPhoneはマルチタッチという技術で二本指でタッチできる技術を発表会で披露した。
今では当たり前の画面の拡大縮小もiPhoneが初である。
なお、この時はAppStoreなどは存在しない。

 

iPhone3G

f:id:AniLike:20171121054443j:image

2008年6月9日に発表され、7月11日に日本も含めた22地域で発売された。

この時はSoftBankのみの発売であり、SoftBankショップの前では長蛇の列を生んだ。

なお、この時3G回線(当時は高速)やGPSも搭載されるようになった。

 

iPhone3GS

f:id:AniLike:20171121055128j:image

2009年6月9日に発表され、6月19日に発売された。(なお、日本は26日)

iPhone3Gと比べて処理能力が約2倍になりバッテリー寿命も長くなった上にテザリング機能など様々な機能に対応した。

(詳細はWikipediaを見てください)

 

iPhone4

f:id:AniLike:20171121055428j:image

2010年6月7日に発表され、6月24日に発売された。

この時、画面がRetinaディスプレイに対応した。

iPhone3GS約4倍の解像度を誇る。

さらにFaceTimeビデオ通話のための前面カメラが搭載。

 なお、この時電波問題など色々あった...。

 

iPhone4S

f:id:AniLike:20171121055813j:image

2011年10月4日に発表され、10月14日に発売された。

この時からSiriに対応し、グラフィック性能はなんと7倍まで向上された。

さらに背面カメラが800万画素になりレンズもF2.4と当時としてはかなり明るいレンズで、動画撮影もフルHD1080pで撮影できるようになった。

iPhone4Sは一番Appleファンに愛された機種ではないだろうか。

ちなみに、4Sからauでも取り扱うようになった。

 

iPhone5

f:id:AniLike:20171121055830j:image

2012年9月12日に発売され、9月21日に発売された。

画面サイズは今までの3.5インチから4インチに変更された。

(画面のアスペクト比が3:4から9:16になった)

さらにドックコネクタが廃止になりLightningコネクタになり裏表関係なく刺せ、端子もコンパクトになった。

さらに当時次世代通信だったLTE(4G)通信も対応した。

ただ、このLTE通信でauはいろいろやらかしている...。

 

iPhone5s

f:id:AniLike:20171121060543j:image

2013年9月10日に発売され、9月20日に発売された。

ホームボタンが変更になり初めて指紋認証に対応した。さらにスマートフォンとしては初めて64ビットに対応した。

カメラも進化し、連写(バースト)スローモーション撮影にも対応した。

iPhone5sも4S同様愛されており、未だに使っている人も多い。

なお、iPhone5s/5cからdocomoでも取り扱いするようになり、3社の戦いが本格的に始まる。

docomoはXiのロゴを入れたかったなどの噂がある。だっせぇんだよあれ。

 

iPhone5c

f:id:AniLike:20171121060829j:image

iPhone5s同様、2013年9月10日に発売され、9月20日に発売された。

廉価版である5cは背面にカラフルなポリカーボネートを使っている。(プラスチック)

スペックはiPhone5と同様。

カメラのF値だけ違う。

なお、廉価版とはいえ、日本では分割にするとほとんど5sと変わりがなかったり、ケースが少ないなどであまり売れなかった。

なお、あのロシアでは5sより5cの方が売れたらしい。

 

iPhone6/6Plus

f:id:AniLike:20171121061249j:image

2014年9月9日に発表され、9月19日に発売された。

Androidが画面巨大化している中でiPhoneは未だに4インチサイズだったこともあり、iPhoneユーザーからもAndroidからiPhoneに変えたいと思っているユーザーからも要望が多かった。

iPhone6は4.7インチiPhone6Plusは5.5インチのサイズでiPhone史上初めての大型化である。

VoLTE対応で相手も対応機種であれば高音質で通話も可能になった。

さらにWi-Fiの11acに対応し、高速通信も可能になった。

NFC決済でApplePayも対応したが、日本はFeliCaという違う規格のため日本は非対応だった。

 

iPhone6s/6sPlus

f:id:AniLike:20171121061457j:image

2015年9月9日に発表され、9月25日に発売された。

iPhone6で曲がりやすいと酷評を受け、アルミをさらに硬い7000番台を使い、強度が増した。

しかし、一部ユーザーから錆びる、剥げるなどの症状があったがAppleは特に無料交換などはしなかった。

さらに3Dtouchに対応し、強く押し込むとプレビューを出すなど新たな動作ができるようになった。

さらにカメラは背面カメラが1200万画素に向上した。4K30fpsの撮影も可能になった。

 

iPhoneSE

f:id:AniLike:20171121061907j:image

 2016年3月31日に発表され、3月24日に発売された。

 でかいのが出ると今度は小さいのがいいと消費者はワガママで、Appleがそれに対応し4インチのスマホをまた出したと思われる。

デザインは5sとほぼ一緒で、スペックはiPhone6sと一緒である。

しかし3Dtouchには対応していない。

 

iPhone7/7Plus

f:id:AniLike:20171121062212j:image

2016年9月7日に発表され、9月25日に発売された。

デザインは6sとほぼ変わらないが、スペースグレーが廃止され、ジェットブラックとマッドブラックが追加された。

しかし、ジェットブラックは汚れやすく傷つきやすいなどの理由からAppleはケースの装着を推奨している。Appleらしくない。

さらに耐水になったためある程度の水であれば問題なく使用できる。

さらにスピーカーはモノラルスピーカーからステレオスピーカーに変更。しかし、イヤホンジャックがなくなりLightningの端子から音楽を聴く形になった。

日本では充電しながら音楽聴けないじゃん!など話題になった。

さらに日本のiPhoneのみFeliCaチップを搭載し、Suicaなどのおサイフケータイが日本でも使えるようになった。

iPhone7の発表会はマリオランが発表されたりFeliCaが対応したりだいぶ日本リスペクトな発表会であった。

 

iPhone8/8Plus

f:id:AniLike:20171121062913j:image

2017年9月12日に発表され、9月22日に発売された。

背面がiPhone4Sを思い出させるようなガラスになりワイヤレス充電(Qi)が対応した。

ディスプレイもTrue Toneディスプレイに対応した。周りの明るさに対してちょうど良い色味に変える機能である。目が疲れにくい。

さらにステレオスピーカーが強化されより低音が強く出るようになった。

さらに4K60fps撮影1080p240fpsのスローモーション撮影にも対応した。

 

iPhoneX
f:id:AniLike:20171121063727j:image
 2017年9月12日に発表され、11月3日に発売された。
iPhone登場してが10年を記念したモデルで最大の特徴としては、ホームボタンがなくなった。それにより画面全体がディスプレイになった。
ディスプレイは5.8インチ、解像度2436×1125ピクセル、縦横比約19.5:9、ピクセル密度458ppi。
iPhoneでは初めて有機ELディスプレイを採用した。
さらに指紋認証が廃止され、FaceIDが初めて採用された。
また、キャラクターを自分の表情とリアルタイムに反映させるAnimojiに対応した。
カメラ性能を除き基本性能はiPhone8と同じである。

 

と、このようにiPhoneは初代からかなり進化してきました。どうでしたか?

ではまた次の記事で!

 

そんなに難しくない!iPhoneXの基本操作

AniLikeブログへようこそ。

iPhoneXは今までのiPhoneと違い、基本操作が違います。

今回はそれをわかりやすく10個にまとめてみたいと思います。

 

iPhoneXのボタンはたったの3つ!

f:id:AniLike:20171102012725j:image

電源ボタンと音量ボタンしかありません。

ホームボタンは消えました。

では今まで使っていたSiriやスクショはどうやって使うのでしょうか?

 

❶電源の入れかた、画面の付け方
f:id:AniLike:20171102013111j:image
この操作は今までと一緒です。電源ボタンを長押しすると起動ができ、
スリープ中は電源ボタンを押すと画面が付きます。画面をタップしても電源をつけることができます。

 

❷電源の切り方

f:id:AniLike:20171102013329j:image

電源ボタン音量(小)ボタンを長押しです。今までとは違う操作です。

 

スクリーンショットの撮り方

f:id:AniLike:20171102013454j:image

電源ボタン音量(大)ボタンを同時押しです。今までと違う操作です。

 

❹Siri起動の仕方

f:id:AniLike:20171102013625j:image

電源ボタン長押し、もしくはHey Siriの設定をしていれば「Hey Siri」と言えば起動します。 

 

❺強制電源オフの仕方

f:id:AniLike:20171102013913j:image

音量(大)ボタンを押してすぐ離し、音量(小)ボタンを押してすぐ離し、電源ボタン10秒ほど長押しします。今までと違う操作です。

 

❻ホーム画面の行き方

f:id:AniLike:20171102020009j:image

画面の下の線にタッチし上にフリックするとホーム画面になります。

 

マルチタスクの開き方

f:id:AniLike:20171102020156j:image

画面の下の線にタッチし上にスライドし、中心あたりで指を止めて離すマルチタスク画面になります。

説明が難しいです。

 

❽アプリ間の切り替え

f:id:AniLike:20171102020752j:image

画面の下の線にタッチし、左右にフリックすると一つ前のアプリに戻ったり、先ほど開いたアプリに戻ったりなどの動作ができます。

 

❾コントロールセンターの開き方

f:id:AniLike:20171102021359j:image

画面の右上から下にスライドすると開けます。

 

➓通知センターの開き方

f:id:AniLike:20171102022818j:image

画面の左上から下にスライドすると開けます。

 

ちなみに❻から➓までの動作はエンガジェットさんが動画をYouTubeにアップロードしています。

1:50あたりをご覧ください。

 

このように基本操作が変わります。

特に強制電源オフなどの操作は本体がフリーズした時に必要となります。

この記事をぜひブックマークしていつでも確認できるようしましょう!